中古コピー機の消耗品について

コピー機を使用する上で必要となるのは、コピー用紙やトナーなどの消耗品です。
まずコピー用紙については、どこでも安価に販売されているので問題ありませんが、トナーについては注意が必要です。


コピー機のトナーについては、各メーカーや機種によって対応が異なりますので、安価で中古コピー機を購入したとしても、トナーの入手に困るという場合も少なくありません。

各メーカーのトナーの供給方法には幾つかのパターンがあります。まず、保守契約のカウンター料金にトナー代が含まれておらず、トナーは別売で購入する形態になっている機種があります。

この場合は普通にトナーがメーカーより販売されていますので、通信販売などでも簡単に入手することができます。別のパターンとして、保守契約のカウンター料金にトナー代が含まれている場合があります。


このような機種の場合は、メーカーによってトナーが販売されておらず、契約者だけに供給されるという形となっていますので、そのような機種の中古コピー機を購入した場合、トナーを探しても市場には出回っておらず、入手に困る場合があります。さらに別のパターンとして最近増えているのは、レーザープリンターのカートリッジのように、トナーカートリッジとドラムユニットが一体化されたトナーカートリッジ式の消耗品を使用する機種があります。
このような機種の場合、リサイクル専門業者によるリサイクルカートリッジが市場に出回っている場合があります。

こうした再生品が存在する機種であれば、安価に消耗品が入手できるため、中古コピー機を選ぶ際には特にお勧めの機種ということになります。

口コミ評判の高い
開業をお考えの方へ | OA機器リース・販売のオフィスプラス
のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

特に、ドラムが別になっている機種では、一定枚数使用するごとに高額なドラムユニットを交換する必要が生じますが、ドラム一体型のトナーカートリッジを使用する機種であれば、そうした費用が別に発生することも無いため、安心してお使いいただけます。